火災保険で自然災害時の外壁や屋根の修理費用を補償できる火災保険のあれこれ

火災保険について

被災時に重要な火災保険

被災したら、まず屋根工事を得意としていて、火災保険の取り扱いが慣れた工事業者、又は、屋根の専門家である板金工事業者にご連絡するのが、最も安く・早い手段です。(工務店やメーカーでは、板金工事の技術者がいないケースがあったり、火災保険の取り扱いではなく、実費をすすめられる可能性もあります。)

自然災害自体を未然に防ぐことは難しいです。また、壊れてしまった住まいを修復するための費用をまかなうために「火災保険」へ加入しておくことをおすすめします。火災保険とは、火災によって起こった被害の補償をメインとした保険です。戸建てやマンション、ビルなど建物自体、そしてその中にある家財などの動産を補償してくれます。

火災保険に未加入のまま、万が一被災してしまうと、修復する費用は全額自己負担になってしまいます。ご注意ください。

被災時に重要な火災保険

災害に備えた火災保険

「火災保険ということは、火災が起こらなかったら何も補償してもらえないのではないか?」と思う方もいるでしょう。火災保険の補償範囲は保険会社によって異なりますが、基本的に補償範囲が幅広いです。火災による被害はもちろんのこと、台風や突風などによる損傷(風災)、大雪によって建物が壊れてしまった場合(雪災)、そして落雷による被害を補償してくれます。

保険会社によっては、大雨で洪水が起こり床上浸水してしまった場合(水災)などに補償してくれるところもあるでしょう。なお、自然災害以外にも、空き巣被害や配水管の詰まりなどによるトラブルなどについても保険会社によっては補償してくれるところがあります。

ただし、地震や津波、噴火などの補償については対象外なので、これらの補償が心配という方は火災保険と合わせて「地震保険」に入っておくと良いでしょう。(同じ保険会社での加入はセット割などもあるのでおすすめです。)

まだ火災保険に加入されていない方

火災保険の加入時に住まいの情報が必要になります。例えば、登記簿、図面、坪数、平米数、築年数、木造建か鉄筋建かなど必要な書類や情報がございます。

わからないことも多いと思いますが、当社には火災保険のアドバイザーが在籍しております。現在の住まいの築年数・建物の内容や必要なものを相談して、最低でも2社の見積もりを比較し、最適なプランで加入するお手伝いをします。

火災保険選びのポイント

自然災害によって住まいが傷ついてしまった際に使える火災保険について、しっかりその保証を受ける為に気をつけておきたいポイントがあります。事前にチェックして急な自然災害に備えましょう。また、火災保険料の相場はほぼ一律です。加えるオプションによって金額が変わりますので加入前にしっかり確認しておいてください。

  • 火災保険を使える補償の対象補償の対象建物のみ・建物と家財・家財のみで保証の対象になるもの
  • 火災保険で賄える補償の範囲補償の範囲水災や盗難被害など災害状況に応じた保証があるのか
  • 火災保険の保険金額や支払い方法保険金額や
    支払い方法いつ火災保険が支払われるのかなど

火災保険のプロにお任せ

火災保険のアドバイザーのいる弊社だからこそ安心してご相談ください。「被災時に保険適用が可能か」や、「どの範囲まで保険適応されるのか」のご説明はもちろんのこと、ご希望であれば保険会社とのやりとりも代行させていただきます。

被災した時は、まずは弊社にご連絡ください。保険屋さんの調査は工事の専門ではないため、必ずしも正確とは限りません。また、いずれにしてもその後は工事業者にあらためて調査を依頼する必要があります。その点、屋根鈑金や工事業者スタッフはお客様の目線でご提案ができます。どのような工事が必要かを確認し、火災保険アドバイザーが丁寧にアドバイスを致しますので、その後のお手続きもスムーズです。

尚、保険の新規加入のご相談から、現在加入中の保険の見直しまで、お伺いします。保険の見直しのご相談は保険証書をお持ちください。(契約書が見当たらない場合、保険会社に連絡して再発行してもらうことが可能です。)

これからも住み続けるお住まいの事、まとめてご相談いただけますので、お気軽にお問合せください。