– 豆知識 –雨漏り対策・修理

大変な事態になる前に!雨漏りが及ぼす影響

家の中に居ると分かりにくいのですが、住宅の置かれる環境は非常に過酷です。夏場の強烈な日射や猛暑、冬場の寒さや台風の際の風雨を考えても、その厳しさは想像を絶することでしょう。

さて、屋根はその様な屋外環境にさらされる部分。受けるダメージも少なくありません。その結果として、屋根は意外に早く劣化して行くものです。そして、屋根の劣化が進むと雨漏りが発生します。これは出来るだけ避けたいものです。

ここでは雨漏りの発生と修理について取り上げます。屋根メンテナンスの必要性と雨漏りの回避について分かることとなるでしょう。

原因が分かる部位別雨漏り応急処置

雨漏りに気が付くのは天井からの水滴で気が付くのでは無いでしょうか。室内に居ると家の状態は意外に分からないもの。雨漏りに気が付くのは、それなりに時間が経過した後です。ところで、住宅の雨漏りは実は色々な部分で発生します。そのため、状況によっては処置の方法も変えなければなりません。では、応急処置としてはどの様な点に気を付けるべきなのでしょうか。

  • 屋根からの雨漏り

    雨漏り原因の第1位は、やはり屋根からです。と言うのも、屋根は住宅の中でも最も過酷な環境に晒される部分。日射、風雨、積雪など、様々な悪条件に耐えなければならないからです。そのため、屋根に起こる不具合は、屋根材の表面の劣化やシーリング部分の劣化、そして金属部品の腐食などが挙げられます。

    このダメージは時間の経過と共に進行するので、一定の時期が来たらメンテナンスが必要となります。ただし、雨漏りの発生が分かった場合には、一刻も早い応急処置が必要です。応急処置の方法は基本的にはコーキングによる止水です。

    尚、コーキングを打つ作業、素人でも難しく無い様に思えるかも知れませんが、屋根の作業は高所作業。やはりプロに相談すべきです。

  • バルコニーからの雨漏り

    バルコニーはサイディングや笠木など、意外に複雑な部材が組み合わされて作られています。そして、それらの部材の止水は基本的にはコーキングの処理。このコーキング、ある程度の年月が経つと劣化してしまい、ヒビ割れなどの不具合が発生するのです。

    当然、その様なヒビ割れが発生した場合、中に雨水が入ってしまいます。その雨水が壁を伝わって居室に達する時に雨漏りとして見つけられるのです。この雨漏り応急処置はコーキングでの止水となります。

  • 外壁からの雨漏り

    今の住宅の外壁の多くが窯業系サイディングを使用しています。この素材、燃えにくく、しかも外観も良いので、非常に人気のある材料と言うことが出来ます。接合の方法は専用の金物を使ったり、クギなどで止めます。

    しかし、この素材においても弱点があります。と言うのも、継ぎ目をコーキングで処理するからです。コーキングは年月と共に劣化してしまう材料。ヒビなどから雨水が入る可能性は否めません。また、外壁から水が入った場合も応急処置が必要。これはコーキングで止水して対応します。

  • 窓サッシからの雨漏り

    窓サッシはアルミや樹脂で出来ている物。一見すると雨漏りとは関係無い様に見えるかも知れません。しかし、窓サッシの止水もコーキングが使われていますし、地震などによって歪みが出でればそこから発生する隙間から水が浸入しやすくなり、雨漏りに繋がります。

    この処置もコーキングが基本。発生した隙間を埋めて対応します。ただ、窓サッシは意外に形状が複雑なので、コーキング処理をするにしても習熟が必要。やはりプロの腕が必要となるのです。

雨漏りで発生する屋根と壁の症状

雨漏りの悪影響は居室内への影響と思われるかも知れません。室内に入った雨水が家財を汚してしまうからです。しかし、雨水の影響はそれだけではありません。住宅そのものにも悪影響を及ぼしてしまうのです。では、具体的にはどの様な影響が出るのでしょうか。

  • 屋根の傷み

    屋根に隙間が発生し、その部分に水が入ってしまうと、壁の裏側の部材を伝わって内装材まで達し、水滴として室内に落ちたり、天井や壁を汚してしまいます。そして、忘れるべきで無いことは、家の中に入り込んだ水は「乾きにくい」ということです。天井や壁は密閉された空間のため、湿気が溜まりやすいです。そのため乾燥しにくい環境なので、長い間水は濡らし続けます。

    屋根から入り込んだ水は、屋根材の隙間に入っていったり、屋根の部材を濡らし続けたりと非常に厄介です。そうすると濡れた部分からサビが発生したり、腐ってしまったりするのです。当然、その様な部材のダメージは家の中からは分かりにくいです。そのため発見が遅れてしまい、大掛かりな修繕が必要となるのです。

  • 天井の傷み

    屋根から入り込んだ水は天井材に達して、天井材を濡らします。この場合、すぐには気が付かないことも多いです。天井に染みを作ったり、天井材を歪ませて気が付いて始めて気が付くことが多いです。

    当然ながら、交換しないと天井の染みは取れませんし、天井材の歪みは治りません。天井材を丸々交換しないといけない状況になる場合もあり得ます。ちなみに天井材が濡れたままで放置してしまうと、天井材を固定している部分が腐ってしまい、天井材が落下することもあります。気が付いたら早めに点検することが大切です。

  • 壁の傷み

    壁へのダメージも深刻です。建物に入り込んだ水は壁にも入り込むのですが、これも部材を伝わって侵入するので居室内からは見つかりにくいです。そのため、発見が遅れてしまい、気が付いた時には相当のダメージを受けていた…と言った事態もあり得ます。

    また、壁にあるのは部材だけではありません。断熱材も組み込まれてあります。そして、断熱材の中には水に弱く、水分を吸ってしまうと断熱効果を失ってしまう物もあるのです。木造住宅の場合など、壁内の構造材を伝わった水はしばしば壁の下にまで到達します。そして、部材を腐らせてしまうとシロアリに食べられてしまうリスクが高まります。

この様に、壁の中に水が入ると深刻なダメージを受けてしまいます。雨漏りは何としても避けなければならないのです。

居室内への影響

雨漏りは居室内への影響も大きいです。まず第一に室内の内装を汚してしまいます。例えば、白い壁紙に雨漏りによる茶色いシミが出来たとすると、見栄えが非常に悪くなってしまいます。

また、壁材の裏側にカビが生えてしまいます。そして、壁の中に入ったカビは簡単には見つからず、室内に胞子をまき散らすのです。そうなると室内の空気環境が悪化してしまい、健康被害を受けることもあり得るのです。

雨漏りが放置された家は、、、

家を構成しているのは基本的には柱や梁の構造部材。それに伴って垂木や胴縁などの部材が付けられて作られています。建物の部材が濡れたままで放置された場合、最も深刻になるのは柱や梁などの構造部材に他なりません。

柱や梁は家そのものの構造部分を作っているため、部材の強度が弱くなってしまうと、住宅の耐震性や耐風圧強度が落ちてしまい。地震や台風などの自然災害に弱くなってしまうのです。また、最近の住宅は部材の接合に金具を使っていますが、その金具が雨水によってサビが発生しても深刻な事態が…。雨水は住まいの致命傷にもなり得るのです